1. ホーム
  2. ショートエクスカーション
  3. 現在の華族法

貴族の現行法-過去と現在

Das geltende Adelsrecht - Noble Society

    Das Adelsrecht blickt auf eine lange Geschichte zurück. Bereits seit mehr als 1500 Jahren ist das Adelsrecht mal mehr mal weniger stark ausgeprägt. Allerdings war die Entwicklung der letzten Jahrhunderte rückläufig – die starken gesellschaftlichen Veränderungen im 18. und 19. Jahrhundert sorgen für einen Bedeutungsverlust des Adels und somit auch des Adelsrechts. Nichtsdestotrotz gibt es heute noch gesetzliche Regelungen und Sonderrechte für Angehörige des Adels. Es lohnt sich somit ein Blick auf die Geschichte des Adelsrechts, das Namensrecht und die Unterschiede bei der Erlangung und Verwendung des Namenszusatzes.

    貴族の法律の歴史

    Herkunft und Entwicklung des Adels

    貴族法の起源は、紀元後6世紀にさかのぼると言われています。当時、フランク王国の王クローヴィス1世は、「Lex Salica」と呼ばれる文書を作成しました。ゲルマン族の部族法として、今後はドイツ国内のすべての貴族に適用されることになりました。Lex Salicaは公法の一部でした。一方で、すべての市民を対象とした法的規制が存在する一方で、貴族を対象とした一定の例外規定が設けられていた。このようにして、初めて貴族とブルジョアジーが法的に区分けされたのである。また、貴族への移行のための規定もあった。非貴族が今後、貴族に属したいと考えた場合、Lex Salicaの規制が関係してくる。

    その後の歴史の流れの中で、貴族がさまざまな階級に分けられるようになりました。上級貴族は、さまざまな免除を受けることができた。その中には、特別な手続き法、特別な家族法、相続法の規定などがあり、上級貴族はブルジョアジーのメンバーとは異なる扱いを受けていた。

    1900年に民法が施行された後も、上級貴族は特別な役割を担っており、逸脱した規定は別の貴族法に定められていた。このように、特別な貴族法は、貴族の誕生時にのみ存在したわけではない。さらに、貴族たちの経済的な向上も図られた。これらは税や関税の影響を全く受けないので、貴族の義務は明らかに低かった。このことは、貴族階級の財政強化にさらに貢献した。

    19世紀には、貴族と貴族の称号には別の権限があったほどです。1855年にプロイセン王フリードリヒ・ウィリアム4世が、貴族のケアを向上させる目的で設立した機関です。いわゆるヘラルドザムトは、貴族の権利の行使を促進した。また、貴族権は歴史の中で何度も変更されています。しかし、ほとんどの規制に共通しているのは、貴族がより良い法的地位を与えられ、優遇されたことである。

    王政の崩壊と新華族法の制定

    王政の崩壊は、貴族や貴族法にとって意味のある重要な出来事でした。というのも、君主制国家は貴族と密接に絡み合っていたからだ。初代クロヴィスのサリック法は、王政の終焉と第一次世界大戦まで基本的に有効でした。1918年以降、ドイツ帝国憲法が施行されました。これは第109条で、生まれや地位の特権化によるすべての特権と不利益を廃止すると書いている。貴族の法的な向上は過去のものとなりました。

    それ以降、貴族の称号は名前に付加されたものに過ぎず、正式に授与されることはありませんでした。このようにして、貴族の称号はより身近なものとなり、譲渡可能なものとなりました。崇高な法的権利はもはや役割を果たしていない。現在では、貴族の称号を購入して、それを芸名として使うことも可能です。

    しかし、第一次世界大戦後も、貴族の称号が正しく導かれているかどうか、貴族権担当委員会による審査が行われていた。しかし、これは特殊な私法上の機関であり、もはや国家の紋章機関とは比較にならないものであった。しかも、その決定は委員会のメンバーのみを拘束するものであった。

    Dennoch wird noch heute durch den Adelsrechtsausschuss geprüft, ob ein Adelstitel in der korrekten historischen Weise geführt wird. So wurde das ARA nach dem II. Weltkrieg als sonderprivatrechtliche Institution geschaffen, weshalb sie nicht mehr mit dem preußischen Heroldsamt vergleichbar ist. Der ARA prüft die Zugehörigkeit zum ‘historischen Adel’ anhand des salischen Rechts; seine Entscheidungen sind jedoch für jeden, der kein Mitglied ist, nicht bindend.

    Worin unterscheiden sich Adelstitel, Adelsprädikat und Prädikatstitel?

    Unsere Titel - Noble Society

    Neben dem Adelstitel tauchen gegenwärtig häufig auch die Begriffe Adelsprädikat und Prädikatstitel auf. Dabei bezeichnet der Adelstitel die gesellschaftliche Stellung seines Trägers. So war der Adelstitel auch in der Weimarer Verfassung noch für die Ermittlung des jeweiligen protokollarischen Ranges wichtig. In diesem Rangsystem war der Kaiser der höchste Rang, gefolgt von König, Herzog, Fürst, Baron, Graf, Freiherr, Ritter, Edler und Junker als unterstem Rang.

    Dabei waren jedem dieser Adelstitel unterschiedliche Anredeformen zugeordnet. Diese werden als Adelsprädikat bezeichnet und erforderten zum Beispiel die Anrede eines Herzoges als königliche Hoheit, während in den untergeordneten Rängen Grafen lediglich als Hoheit oder Freiherren lediglich als Hochwohlgebohrene betitelt wurden. Schließlich trifft man das Adelsprädikat heute regelmäßig bei Namen in allen Gesellschaftsschichten an. Dahinter verbirgt sich der Namenszusatz, der einst Adlige als solche gekennzeichnet hat. Hier gibt es vor allem das ‘von’ als Herkunftsbezeichnung oder das ‘zu’, das einen Wohnsitzwechsel – beispielsweise ‘von Weißenfels zu Schwarzfels’, bezeichnet. Denkbar ist jedoch auch die Kombination ‘von und zu’, mit dem der Uradel seinen jahrelangen Stammsitz kenntlichen gemacht hat.

    名前の法則における高貴さの述語

    今日、高貴な述語は、名前に関する法律の規則にのみ従う。そのため、さまざまな方法で貴族の名前を手に入れることも容易です。

    ここでは、婚姻または非婚姻による出生や、婚姻や養子縁組の結果として行われる名前の変更によって、貴族の前提条件を獲得することが恒例となっています。様々な組み合わせが考えられますが、女性が夫の名前の一部として貴族の称号を取得し、離婚・再婚の際にはそれを第三者に譲ることも可能です。しかし、名前の変更という純粋な要求によって貴族の素質を得ることは、通常は不可能です。これは、名前による名義人の心理的負担を証明しなければならないという厳しい条件の下でのみ変更が可能だからです。しかし、名前の非貴族性は、実際にはこれらの基準を満たしていないと思われます。

    ノーブル・タイトル、プレディケート・タイトル、ノーブル・プレディケートの違い

    Baron und Baronin - Noble Society

    貴族の法律を見ると、さまざまな用語が登場する。貴族の称号、述語の称号、貴族の述語は、貴族の一部を表現しています。しかし、この言葉は同義語なのか、それとも違いがあるのか。

    Der Adelstitel beschreibt grundsätzlich die Stellung des Edelmanns in der Gesellschaft. Es handelt sich um eine genaue Bezeichnung der gesellschaftlichen Stellung. Selbst in der Weimarer Verfassung war der Adelstitel noch bedeutsam, um den jeweiligen Rang zu ermitteln. Der Kaiser stand oben auf der Rangliste, ihm folgten König, Herzog, Fürst, Baron und Co.

    Je nach Adelstitel herrschte eine unterschiedliche Anrede vor. Diese Anrede wurde als Adelsprädikat bezeichnet. Beispielsweise wurden Herzöge als königliche Hoheit angesprochen. Während der Adelstitel den gesellschaftlichen Stand beschreibt, ist das Adelsprädikat die jeweilige Anredeform. Das Gleiche gilt für den Prädikatstitel. Selbst heute gibt es das Adelsprädikat in zahlreichen Namen unabhängig von der heutigen Gesellschaftsschicht. Insbesondere die Zusätze “von” oder “zu” kennzeichnen, den Ursprung des Namens im Adelsrecht und stellen einen derartigen Prädikatstitel dar.

    貴族の述語と名前の権利

    現在では、貴族の述語は法的にも重要な役割を果たしています。しかし、もはや特定の貴族法は存在しない。むしろ、貴族の述語は名前の法則に従う。そのため、貴族の名前を手に入れるのも、それを身につけるのも容易になります。

    貴族の述語の獲得は、さまざまな方法で考えられます。一般的には、出生、改名、結婚、養子縁組などで名前が追加されることが多いです。しかし、組み合わせや個別のケースも数多くあります。ただし、原則として申請のみで貴族の称号を取得することはできません。これは非常に厳しい条件の下でのみ許されることです。精神的な負担が必要なため、名前の追加が必須となります。このように、貴族ではない名前だけで証明することは難しいと言わざるを得ません。とはいえ、高貴な称号を手に入れてそれを売り歩くことは十分可能です。

    結婚、出産、養子縁組による貴族の地位の獲得

    Wie werde ich ein Adeliger? Was bedeutet die Zugehörigkeit zum Adelsstand? Grundsätzlich genügt ein Adelsprädikat nicht aus, um Adeliger zu werden. Die reinen Prädikate “von” und “zu” entscheiden nicht über Zugehörigkeit zum Adel und ersten Eindruck. Vielmehr muss ein echter Adelstitel her, um in den Adelsstand gehoben zu werden.

    Heute ist der Erwerb eines klassischen Adelstitels und Eintritt in den Adelsstand nur für Frauen leicht möglich, die durch Heirat den Adelstitel erwerben. Bei einer Scheidung geht der Titel jedoch ebenso schnell wieder verloren. Zudem ist die Weitergabe des Titels durch die Frau an ihre Kinder oder den nächsten Mann nicht erlaubt. Lediglich eheliche Kinder gelten als Adlige und können somit in den Adelsstand aufsteigen. Die Adoption stellt jedoch eine weitere Möglichkeit dar, um wirklich in den Adelsstand zugegangen.

    貴族の称号-購入で貴族に

    貴族の称号を購入することは可能ですか?大金を手にして本当に真の貴族になれるのか?貴族になって本物の貴族の称号を身につけたい人は、結婚や養子縁組の方法を使うことができます。また、購入金額が高いために採用となるケースもあります。その代表的な例が、アンハルトのマーカス王子で、彼自身が養子になったことで貴族の称号を得ました。しかし、養子縁組の購入には大きなリスクが伴います。これは基本的に不道徳なことであり、締結された契約はすべて無効となります。

    Eine sinnvolle Alternative ist somit der Kauf eines Adelstitels bei uns. Diesen dürfen Sie gleich einem Adelstitel führen und wie eine Art Künstlernamen nutzen. Dabei sind der Verwendung keine Grenzen gesetzt – das Zeichnen von Verträgen oder das Buchen von Hotelzimmern ist gleichermaßen unter Ihrem neuen Adelstitel zulässig. Zudem gibt es eine authentische Ernennungsurkunde und ein eigenes Wappen – ganz ohne Risiko.

    この記事を評価する

    [合計 1 平均値。 5]
    メニュー