小旅行 貴族の歴史

貴族の起源とその発展の歴史 

貴族の称号を購入したいと考えている人は、貴族の歴史について知りたいと思うことが多い。貴族の波乱万丈の歴史は、すでに数世紀前にさかのぼります。歴史的な意義や長年の発展については、明確になっていないことが多い。自分の好きな貴族の称号を決めて、任命書やCo.を自宅に届けてもらう前に、以下の説明で、貴族のことをもっと知ってもらいたいと思います。 

貴族の歴史的意義 

貴族や様々な称号は、人類の歴史の中で重要な位置を占めています。なぜなら、男女ともに与えられた高貴な地位は、最初の高度な文明にすでに存在していたからです。この社会現象は、文化的背景から離れた時間の流れの中で生き残ってきました。貴族は、古代エジプト、中華帝国、日本の王朝、メソポタミア、ローマ帝国など、多くの支配王朝に存在していました。しかし、すべての高度な文明において、貴族が役割を果たしていなかったことを示唆する資料は確実に存在します。例えば、ローマの作家タキトゥスは、その著作の中で、以前はすべての人が平等であったことを記し、貴族の世襲が一般的になったのは時代の流れの中であることを明確に指摘しています。 

文献資料は必ずしも十分ではなく、また多くの文学作品は不完全であるため、貴族の歴史的意義については、単に推測だけが役立つこともあります。しかし、何世紀も前、あるいは何千年も前には、すでに社会的に高い地位にあった人々がいたことが、いわゆる王家の墓などの歴史的発見によって明らかになっています。現存する貴族の称号の証拠がなければ、太古の昔から社会の支配構造は平等ではなかったと言ってもいいでしょう。ほとんどの社会や文化では、独自の階層システムが発達しています。全てではないにしても、多くの社会や王朝で、貴族が重要な役割を果たしていたことは、現在でも確かなようです。 

貴族という概念は、それにもかかわらず、上流階級の異質な呼称である。貴族の定義とその所属は、常に時代や歴史、地域によって異なります。遺産の一般的に有効な区別は存在しません。多くの場合、貴族は画一的な集団としてではなく、長年にわたって変化してきた社会的概念として認識されています。 

しかし、基本的には、貴族が人類の歴史において非常に重要であるという点では一致しています。貴族とは、高い社会的地位であり、通常は世襲制である。これは、人の立場が継承されるということです。貴族の子孫も貴族になります。養子や結婚した女性や男性も同様です。責任の範囲は、貴族の間でも様々です。爵位のような軍事的尊厳から、公爵のような政治的責任まで、さまざまな段階が考えられます。特に、貴族の土地所有権は、貴族が管理していたため、土地所有権を持つことがほとんどなかった貧しい社会階級とは区別されていました。 

貴族への帰属とその義務 

貴族や貴婦人の仕事の種類は、歴史上さまざまなものがありました。しかし、権力の座の高さは、常に責任の重さを伴っていました。貴族の子供たちは、幼い頃から後の仕事に備えていました。教育は、貴族を最高の美徳を持つ高貴な階級として維持するための一種の訓練であった。ヨーロッパでは昔から、貴族はキリスト教の価値観や騎士道の理想、啓蒙的な絶対主義などを掲げていました。 

ほとんどの場合、貴族の会員は世襲制であった。しかし、例外的に、地位のない高潔な人が貴族に昇格することもありました。この権力はしばしば皇帝だけに与えられたものではなく、王や王子も非貴族を貴族に昇格させることができたのです。君主は、神の恵みによって権力を握っていた。彼はこの権力の主張のほんの一部を伝え、貴族の高い責任を正当化した。 

文学と研究における貴族のあり方 

貴族の称号は、主にヨーロッパの現象です。数多くの歴史家や研究者が、自らの手で貴族のことを調べた。どんなに努力しても、貴族の称号の由来は完全には説明できません。中世の資料の解釈は、学者によって全く異なっています。まず第一に、貴族がいつ誕生したのかという問題についての議論があります。いくつかの説がよく表れているので、貴族の起源に関しては、これらの説をより重要視していることがわかる。 

マーク・ブロッホは、歴史的な研究に重要な貢献をしました。彼は『封建社会』という本の中で、中世初期にすでに一定の土地を所有する貴族が存在していたことを指摘している。特にロベリン家は広大な土地を所有していました。宮廷でのキャリアや教会での奉仕活動は、しばしば権力を伴うものであり、それは土地所有の分野においても顕著であった。これらの家族の影響力は年々大きくなっていった。権力の座が生まれ、一族の王朝全体に大きな政治的責任が与えられ、同時に広大な土地の所有権も与えられました。これらの家族の影響力は、政治的な変化が起こると急に変化します。しかし、その影響力は消えたわけではなく、別の家族がその座に就いた。 

800年から1000年の間、ヨーロッパでは戦いの時代でした。北方民族やヴァイキングが中央ヨーロッパに侵入。数多くの家族や男性が決死の覚悟で戦った。特に、剣を使って自分の領域を守ることに成功した者は、より大きな影響力を持つことができた。膨大な防衛実績により、貴族の称号を得ることができた。多くの場合、これらの家族は以前は不自由であったり、顕著な権力を持っていませんでした。しかし、自分の祖国のために名誉を重んじることで、いわゆる剣の貴族が出現し、総合的な貴族の称号を得るための一里塚となりました。一方、剣の貴族は、旧来のエリートと新たに貴族の称号を得た一族で構成されていた。 

この時代の封建制度は、帝国内に広範な従属国が出現することを意味していました。厳格なヒエラルキー制度の中では、権力にはさまざまな段階がある。ピラミッドを上るには、貴族の称号が一番でした。 

中世初期と華族 

中世初期のゲルマニアでは、主に部族連合が当時のゲルマニアを支配していました。現代の常識では考えられないような貴族が、当時は存在していました。それが変わったのは、メロヴィングス帝国からカロリングス帝国へと移行してからである。サリア人やサクソン人の支配下では、自分たちの権力をよりよく行使するための仕組みが作られました。行政官として権力を行使する大臣の設置は、高貴な国家への道のりの一里塚であった。行政官は、騎士やその他の社会的地位の高い人々のサークルから出てきた。 

封建社会と厳格なヒエラルキー制度は、貴族の称号の発展を促し、多くの家系で継承されました。お金という形での活動の報酬はありませんでした。ほとんどの社会では、人々は自分の必要を満たすために土地を与えられていました。封建制度は、中世初期の決定的な発展をもたらしました。 

13世紀になると、すでに貴族の称号を持つ人が増えてきました。当時、他の貴族の称号は、もともと高い権力を持っていた家の出身ではない人でも取得することができました。また、自由のない人々が、軍人としての栄誉や行政への貢献によって、貴族の称号を得た。さらに13世紀半ばには、社会階層が自らを貴族とみなしていた。貴族の自己イメージは、理想や騎士道的な美徳によって形成されていました。中世初期に貴族の称号を持っていた人々は、騎士道、高貴な美徳、権力、土地などと結びついていました。中世になると、起源はもはや重要ではなくなります。これまでのように、自由や権力、特定の社会集団に所属することは過去のこととなった。それ以来、人々は個人の経歴に関係なく、元の貴族に属することになった。しかし、貴族の称号が今日のような社会的意義を持つようになったのはいつ頃からでしょうか。 

重要な歴史的資料の1つに、13世紀には教育制度の重要な資料であった、いわゆるザクセンシュピーゲルがあります。Sachsenspiegel』には、「貴族」という言葉が1つだけ出てきます。ザクセンシュピーゲル』の付録として存在したハイデルベルクの照らされた写本では、身分や階級の分離がすでに重要な役割を果たしていた。出版された当時は、すでに社会的に階級の分離が確立されていたようです。しかし、振り返ってみると、何世紀にもわたって、貴族には異なる役割が与えられていたことがわかります。 

中世の貴族階級 

中世の高貴な時代には、支配者が任命する大臣が増えていった。王や公爵はその財産を管理していた。ファンクショナリーは、日常の様々な問題を担当していた。中世の高貴な時代に発達した、多数の権力者と異なる仕事を持つ独特のシステム。また、個人でも出世することができるため、貴族の称号を持つ家が大きな影響力を持つこともありました。中世では、貴族がその地域の司法を担い、財産を管理していました。しかし、敗者もいました。他の家は権力を失い、他の貴族に従属するようになりました。 

電力系統にも動きがあった。成功した大臣たちは、その権力を永久に拡大することができた。土地の所有権が増加し、貴族王朝の表現として、社会的エリートに相当する高貴な貴族が出現しました。14世紀にはこの開発がほぼ完了しました。争いによって、貴族はますます力をつけ、独立を保っていました。ドイツやイタリアでは、パッチワークのように国家が形成されていった。様々な公国や郡では、他の貴族が統治や政治的責任を担っていました。一方、フランスやイギリスでは、中世末期にすでに国民国家が形成されていました。ドイツやイタリアでは、当面は貴族がその影響力を維持していたが、ドイツの国民国家化にはまだ時間がかかっていた。 

貴族の絶頂と衰退 

ヨーロッパの貴族の最盛期、全盛期は中世末期である。貴族や貴婦人がこれほどまでに社会的責任と権力を持っていた時代はありませんでした。社会的に重要なのは、貴族の教育にもあった。貴族や貴婦人は、その言葉を話したり書いたりすることができました。また、経済の発展と商家の富の獲得は、貴族に不利な権力の移動を伴っていた。貴族の全盛期が終わったのは、18世紀になってからである。社会の発展と民主化の流れの中で、力を失っていきましたが、高い評価は今日までほとんど変わりませんでした。 

そのため、貴族の称号を持っていても、貴族や貴婦人として憧れの眼差しを受けたり、街を闊歩したりすることができます。