小旅行 貴族の特権

ノーブルな長所 

一方で、貴族の称号は極めて高貴なものとされています。貴族として街を歩いたり、貴族として予約をしたりすると、感謝のまなざしを向けられることが多い。法律上の特権を失った後も、多くの貴族にとって社会的な利点は存在する。現代の多くの人々は、貴族を振り返って、Lord, Lady, Count, Baron and Co.を過ぎ去った時代の名残と認識しています。貴族の特権は何世紀も前にさかのぼり、社会環境に応じて変化してきました。貴族の特権について詳しく知りたい方は、以下の参考情報をご覧ください。自分の好きな貴族の称号を売り込む前に、歴史的な特権について少し知っておいた方が良いでしょう。 

貴族の利点 

貴族には多くの利益がもたらされた。しかし、そもそも貴族たちはどのようにして各種の利益を得ていたのか。貴族の間で特権を譲り合うことは珍しいことでした。むしろ、支配者が神の恵みによって、貴族に様々な特権を与えた。国王や皇帝などの君主が一定の称号を認めたもの。貴族は過剰な富を与えられた。広大な土地の所有者を自称する貴族も少なくなかった。 

また、特に以下のような特典がありました。多くの貴族は、釣りをするための川や、果物を収穫するための果樹園を持っていました。これらはすべて、土地所有の観点からの優遇措置によるものである。また、貴族たちは畑を耕すことができた。森林生産は、貴族にも開放されていた。 

当時の集落の大半は、典型的なインフラを備えていたのが特徴です。これには、城、井戸、工場、修道院などが含まれます。地元の農家が自由に使っていたことも多い。しかし、その所有者は貴族であった。多くの場合、貴族は住民に税金の支払いを要求したり、収穫物の一定部分を貴族に譲り渡したりしました。しかし、農民を肉体労働に従事させることは、貴族には許されていなかったが、これを無視する者もいた。 

貴族の社会進出 

歴史上、ますます多くの貴族が、貴族の特権を手に入れたいと思うようになりました。そのため、さまざまな社会階層の人たちが、軍隊や裁判所などの政府機関で働くことを選んだのです。優秀な成績を収めれば、貴族の称号を得ることができます。

しかし、なぜ時代によって貴族の称号が流行したのか。例えばフランスでは、貴族に税制上の優遇措置が与えられていた。貴族たちは直接税を払う必要はなかった。また、裁判所や警察官との関係も身近なものでした。貴族は、社会のほとんどすべての分野で優遇されていました。多くの場合、貴族はコモン・ローから除外され、独自の規制、いわゆる貴族法に従うことになりました。貴族の称号を持つ人は、広範囲な権力を持ち、部下に命令することができました。それに対して、平民は法律を守らなければならない。 

さらに、貴族の間では私的な戦争をする権利もあった。喧嘩は、意見の相違や家族の確執がある場合に広まった。特にルネッサンス期には、貴族同士の決闘は、ある種の紛争を解決する役割を果たしていました。剣術の試合では、貴族たちが自分の身の丈を測り、自分で勝負を決めた。ヘンリー4世の時代だけでも、フランスでは4000人以上の貴族がこのような決闘で命を落としており、社会的地位の向上は時に血なまぐさいものであった。しかし、貴族たちの多くが真の紳士であり、文化的慣習を重視していたという事実を忘れてはならない。 

今すぐ貴族になりましょう。

現代の貴族は、伝統的な貴族とは大きく異なります。中世から何世紀にもわたって貴族は数々の特権を持っていましたが、現代の貴族は違います。今日の貴族は、社会の中で特別な地位を持っているわけではなく、貴族が他の市民よりも多くの権力を与えられているわけでもありません。 

とはいえ、多くの人にとって、貴族の称号を持ち、それを持って公の場に出ることはとても魅力的なことです。貴族の称号は数世紀前から存在しており、現在でも非常に人気があります。貴族に属していると、社会的な素晴らしさが連想され、それと同等のものを求めることが多い。 

だから、今日は貴族の称号をつけようと思ったら、自分の好きな貴族の称号を買えばいいのです。長年の経験により、私たちは何をすべきかを正確に把握し、包括的なセレクションを提供しています。あなたのニーズに合った貴族のタイトルを見つけるために、説明をご覧ください。名前や家紋、任命書のサフィックスとして合法的に使用できる貴族の称号のおかげで、将来的に貴族として自信を持って登場することができ、社会的な魅力と知名度が保証されます。 

現在では、貴族や貴婦人であるという法的な権利は、もはや何の好みとも関連していません。とはいえ、多くの貴族はその美徳や理想で感動を与えてくれます。今からでも遅くないので、貴族の称号を購入して、今後はバロン、カウント、デュークなどの名前で登場しましょう。