イタリアの貴族の称号

イタリアの貴族は、フランスやドイツの貴族とは異なる構造を持つことが多かった。イタリアでは、中世の封建法や世襲法がフランク王国のそれとは大きく異なっていたため、中世から近代にかけての貴族の発展の仕方が異なり、また、国家というものがまだ存在していなかったため、その発展の仕方も地域によって大きく異なっていました。ビザンチン帝国、ノルマン人による南イタリア征服、そして後にこの地を支配したスペイン王家の影響を受けた半島南部の経済、社会、政治状況は、教皇領や北イタリアのそれとは全く異なっていました。ドイツ、フランス、イギリス、オーストリア、スペインと同様のランクであった。プリンス(Principe)、デューク(Duca)、マルグレーブ(Marchese)、カウント(Conte)、バロン(Barone)、ロードオブ(Nobile)などがあります。

全3件の結果を表示中

メニュー