日本のノーブルなタイトル

紀元後5世紀までの日本の貴族は、土豪的な氏族の緩やかな連合体でしかなかった。6世紀には、天皇家の中央権力者が一部の氏族長に世襲の地位を与えた。藩主の実際の権限は、このように国家によって委譲され、正当化されていたのです。

将軍」とは、12世紀から1867年までの日本の武家社会におけるリーダーの称号である。

1件の結果を表示中

メニュー