私たちのタイトル

貴族になるためには、適切なタイトルを選ぶ必要があります。 

貴族への昇格は、多くの人にとって魅力的なものです。歴史を振り返ると、貴族という社会階級は多くの特権を受けていた。貴族や貴婦人の威光は偉大であった。昔の人は、貴族の称号を豊かなものにし、伯爵であることを楽しんだ人が多い。国や地域、貴族の身分によって、貴族の特権は様々で、時には貴族に名誉や物質的な特権が与えられることもありました。貴族になって自分に合った称号を選ぶ前に、王族の地位について少し学んでみましょう。次の記事で、どのノーブルなタイトルが自分に合っているかを確認してみてください。あなたはどちらかというと、伯爵の方が向いているのでしょうか、それとも男爵の方が向いているのでしょうか。選択肢は豊富にあります。 

タイトルの意味 

貴族の称号は、社会のさまざまな部分を表しています。富と階級に応じて、貴族には異なる貴族の称号が与えられます。BaronとBaronessは、ランキングの一番下にあるタイトルです。対して、公爵や公爵家は王様のすぐ下のランキング上位に位置しています。多くの人々は、貴族の称号は過ぎ去った時代の遺物であると考えています。しかし、貴族の称号は今でも生活の中に遍在している。 

君主制のシステムでは、貴族は非常に重要な存在です。国王や政府は、特定の男女を高位に昇格させ、それによって権力、好意、富、威信を得る。現在、このような貴族の称号を購入することは、多くの国で可能です。領主になりたければ、コモンウェルスで領主の称号を買えばいいのです 

昔と今の君主制 

今日に至るまで、数多くの君主制が存在する。かつての君主制では、貴族は脇役でした。皇帝や王が貴族の称号を与える。それ以来、貴族は国家の重要な事柄を監督し、王室や皇室の問題を解決するようになりました。第二次世界大戦後、多くの君主制国家が解体された。しかし、王と貴族が国を運営するという君主制も残っていました。現在、12の君主制国家が存在しており、そのうち7つは国王を頂点とする真の王国で、国の運命を導いています。 

ノーブルなタイトルの購入 

1999年以来、私たちは貴族の称号のエキスパートです。前述の説明が自分に合っていて、貴族に共感しているなら、貴族の称号は自分に合っているかもしれません。自分のためであれ、贈り物であれ、貴族の称号は、将来的にあなたが名声と注目を得るのに役立ちます。