1. ホーム
  2. 私たちのタイトル
  3. バロン&バロネス

高貴な称号バロン&バロネスを購入

Baron und Baronin - Noble Society

    一見すると、男爵という高貴な称号はとても期待できそうです。男爵といえば、エレガントな外見と高い権力を連想させます。しかし、ヨーロッパの多くの国や貴族の家では、バロンという称号を持つ貴族は最下位の部類に入ります。女性のバロンは、バロネスです。

    時が経つにつれ、これらの高貴な称号の地位は変化していきました。世襲制の貴族の称号は、数世紀の歴史を振り返っています。貴族の称号を購入して男爵や男爵夫人を名乗る前に、男爵とその男爵夫人に関する興味深い情報を以下にご紹介します。

    バロンとバロネスの語源

    語源はラテン語、正確にはラテン語の「baro(バロ)」から来ている。これは、使用人、傭兵、兵士という意味です。アレマン語の法律では、傭兵はバルスと呼ばれた。長い年月の間に、国や言語によって似たような言葉が使われるようになった。これらに共通するのは、派生した用語が傭兵、重労働、兵士を意味することである。一方、女性の言葉である男爵がどこから来たのかは不明である。今日に至るまで、男爵の語源については様々な資料や主張があり、議論がなされている。しかし、ひとつだけ確かなことは、男爵と男爵夫人が長い歴史を振り返っていることだ。

    バロンの歴史的変遷

    Historische Veränderung des Barons

    購入後の貴族の称号の使用は、原則として自由です。日常生活のさまざまなシーンで、身につけることができるのです。チケットの予約、ホテルの宿泊予約、便箋へのサイン、名刺の掲示など、これからは貴族の称号があなたのものになるのです。これも法的には非の打ち所がない。ドイツでは、名前の自由選択のおかげで、公の場での契約書や共同体の調印が可能である。

    ただ、IDカードやパスポートへの登録はやや問題がある。あなたの貴族の称号がすでに市民権を得ているという証明が成功した場合にのみ、エントリーが可能となります。そのためには、いつでもどこでも高貴な称号を使わなければなりません。もしあなたが近所の人や同僚に貴族の称号で挨拶したら、それはすぐにIDカードへの登録も成功するという良い兆候です。

    バロンの歴史的変遷

    中世になると男爵や男爵夫人の称号が普及した。封建的な支配によって、封建領主は財産を受け取った。その土地を持っている人は、識別のために大名と呼ばれていました。しかし、封建的な男爵は、数世紀後には時代遅れの現象となっていた。男爵という称号は高貴な身分を示すもので、権利や義務の表示や規定はありませんでした。現在でも、男爵は貴族の代表です。

    ウィリアム1世時代のアングロサクソン・イングランドにおける男爵...

    Baron im Angelsächsischen England

    ウィリアム1世の治世は、男爵の発展にとって極めて重要な時代であった。イングランドに男爵の階級を導入した。ウィリアム1世は、どの市民が自分に忠誠を誓っているかを知りたかったのだ。しかし、男爵の称号は、他の貴族の称号によって事実上廃止された。それ以来、ウィリアム1世のもとで男爵は軍役に参加し、王の評議会で政治的な決定を下すことを義務づけられたのである。上級貴族は、侯爵のことを男爵と呼ぶことが多かった。また、下位の奉行については、単に「男」という呼称も一般的であった。とはいえ、ウィリアム1世の時代には、男爵は上位の貴族に忠誠を誓う陪臣とみなされた。

    ヘンリー2世の男爵家

    ヘンリー2世の時代になると、男爵の地位が確立された。もともとは、軍役のお礼として土地を与えられた地主や封建領主はすべて男爵と呼ばれていました。スカッカリオの対話」と呼ばれるものでは、自由人である男爵が、騎士としての奉仕のお礼に土地を与えられていることを確認しています。ヘンリー2世の時代には、貴族であるバロンとロードの称号が重なるケースもありました。しかし、真の荘園領主は、自らを男爵とは呼ばず、領主という称号を使いました。

    マグナ・カルタとそのアングロサクソンの貴族称号への影響

    Adelstitel kaufen - Magna Charta

    マグナ・カルタは、アングロ・サクソンの歴史の中で、生活の様々な分野に影響を与えた。1164年には、上位の男爵が定期的に国王会議に召集されるようになった。その後、国会や貴族院が誕生し、そこには男爵も含まれるようになった。マグナ・カルタの中で、男爵以下の身分の者は召喚状を受け取り、男爵を代表する者を選出しなければならないと書かれている。選出された代表者は、シャイアの騎士を形成していた。以後、一般市民と男爵は激しく対立することになる。中世の男爵は特権を持ち、政治的な影響力を行使することもできた。イギリスが民主的な政治体制に発展して初めて、男爵や女爵は特権を失い、その結果、名声も失いました。

    男爵家の発展と封建制の崩壊

    しかし、封建的な男爵家の終わりは近づいていた。15世紀以降、封建的な血統の男爵に代わって、特定の人物に議会への出席を義務付ける召喚状が主流となりました。レターパテント(特許状)が新たな男爵を生み出した一方で、土地所有権や封建領主の地位への志向は時代遅れになっていました。封建的な祖先に関連した権力や貴族の称号は、今後は廃れていくものと考えられていた。1660年に制定された廃止法により、封建的なバロニーは近代的なバロネッツに変更されました。様々な法律が施行されたことで、封建的な男爵領は今後、金銭の定期的な支払いが義務づけられた自由な隷属の男爵領となった。

    20世紀英国のバロニー

    20世紀、イギリスにおける貴族の発展は、世襲制でない貴族の称号の導入によってもたらされた。血統に基づく必要のなかった貴族の称号、プレスティージ、終身貴族の称号を持つ者はすべて、男爵と男爵夫人という貴族の称号を持つようになったのである。世襲、非世襲を問わず、貴族という称号が好まれる。多くの場合、男爵の栄誉はさらなる栄誉とみなされ、英国で重要な人物の名誉称号として機能する。現代の男爵は、英国における貴族の伝統を守り、貴族階級を保護するために、貴族の称号を持つ。現在のイギリスでは、男爵の貴族の称号にはもはや権利が伴わない。

    男爵 - 過去、現在、未来への考察

    Unsere Titel - Noble Society

    ヨーロッパでは、何世紀にもわたってバロンという貴族の称号が発展してきました。男爵は最初は一般市民だったが、後には政治的影響力を持つようになった。今日、男爵は有名で尊敬される人物の名誉ある称号とされることが多い。例えば、19世紀から20世紀にかけて、お金持ちで力のある人物はバロンと呼ばれていました。だから、新聞男爵、工業男爵、シルク男爵などがいた。男爵という概念には、常に大きな力が伴っている。

    現代の男爵・男爵夫人は、多くの評価を受けています。バロニーは、政治力や貴族の特別な権利がないにもかかわらず、長い成功を収めた過去を振り返っています。男爵と男爵夫人は、21世紀の英国で重要な役割を果たし続けることを示唆するものがたくさんあります。これらのデザインは、まだ開発が終了していません。

    このサクセスストーリーに参加したい方は、今なら貴族の称号を得ることができます。その後、男爵・男爵夫人として登場し、男爵家が何世紀にもわたって放ってきた豪華さの恩恵を受けることができます。面白さは保証します。

    この記事を評価する

    [合計 1 平均値。 5]
    メニュー