私たちのタイトル " ツァーとツァーリナ ロシア

マリノフカのツァーリまたはツァーリナになるために! 

ツァーリ(Tsar)やツァーリナ(Tsarina)は、ロシアの貴族の称号です。ツァーリは、ロシアにおいて一定の領土に対して権力を行使する支配者、権力者のことを表しています。同時に、ツァーリの称号は決して単独のものではありません。当社では、マリノフカの「ツァーリ」または「ツァーリナ」の称号を購入することができます。ロシア南西部のバッハコルトスタン地方のパートナーのおかげで、あなたは私たちから貴族の称号を買うことができます。さらに、景観不動産の共同所有もある。マリノフカのクリアランスのある小さな森です。貴族の称号を購入すると同時に、次の休暇のための魅力的な目的地、つまりロシアのバシコルトスタン地方にある自分のカントリーエステートを手に入れることができます。マリノフカのツァーリとツァーリナとして、あなたの子供は「プリンス」と「プリンセス」です。 


少し左に曲がります。この道を進むと、20キロほどでNordovkaという村が見えてきます。ここで左に曲がると、小さな村Allaguvatに到着します。村の端には森があり、住民はマリノフカと呼んでいます。マップ」や「サテライト」に切り替えると、より分かりやすくなります。正確な地理的座標は53°13'00.1″N 55°31'44.9″Eです(Googleマップで検索できます)。残念ながら、Allaguvatからのストリートビューはありません。


皇帝の称号は、長い歴史を振り返る。ロシアの支配者は、中世以来ツァーと呼ばれています。最初に「ツァーリ」という称号を使った君主は、キエフ大公のウラジーミルである。しかし、当初は非公式に使用されていました。この呼称が正式なタイトルになったのは、中世になってからです。言わずと知れた悪名高きイワン雷帝は、大ロシアで初めて正式に戴冠したツァーである。その後、「インペラートル」などの称号が追加されたが、「ツァーリ」という呼称は変わらなかった。ロシアにはツァーリやツァーリナ、またはその子孫が現在も存在していますが、あなたもタイトルを購入してロシアの土地所有権を獲得することができます。 

皇帝の機能 

政治と宗教。この2つの分野で、皇帝は重要な役割を果たしていた。コンスタンティノープルが破壊された後、正教会の支持者や保護者は少なくなった。ロシア皇帝の主な仕事は、ロシア正教を守ることであった。正教会とロシア皇帝との密接な関係は、今も続いている。 

ロシアにおける栄光のツァーの戴冠式 

かつての皇帝の戴冠式は、常に費用がかかり、手の込んだ人気のある手続きでした。皇帝の戴冠式のために、ロシア帝国中から数多くの貴族や殿上人が駆けつけた。皇帝の権力の大きさは、戴冠式のプロセスにも反映されていた。皇帝は、自分と同等の人はいないとして、自分に王冠をかぶせることを許されていた。儀式の間中、祈りと聖歌が独特の雰囲気を醸し出していました。笏、王冠、オーブを渡すことは、皇帝の権力を象徴するものであった。様々な徽章は、ロシアにおける皇帝の立場を形作っていた。皇帝と王妃の戴冠式の後、豪華な晩餐会が開かれた。 

その昔、ロシア皇帝の王冠は、世界で最も価値のある権力の証のひとつでした。1920年当時、この王冠は5000万米ドル以上の価値があると言われていました。王冠には5000個以上の貴石が使われています。ロシアの歴史上、8人の皇帝だけがこの王冠をかぶることを許されました。この栄誉が与えられなくても、今後はツァーリやツァーリナとして活動することができます。ロシアで土地所有権付きの貴族の称号を買うと、それが可能になる。 

ロシアの支配王朝の変遷 

ロシアとロシア帝国は、長くて波乱に満ちた歴史を振り返ることができます。言うまでもなく、このユーラシア大陸の国の運命を決めたのは、数多くの重要な支配王朝である。ロシアで最も有名な支配王朝は、ロマノフ家です。皇帝ピョートル大帝は、この血筋を引く数多くのロシアの支配者の一人である。ロマノフ家は、17世紀のミヒャエル1世で初めてロシア帝国の支配者としての名誉を得ました。 

彼女を知らない人はいないでしょう。エカテリーナ大帝は、他のどの女性よりもロシアの歴史を形成しました。ドイツの王女は、ロシアの皇帝ピョートル3世と結婚した。名前を変えてロシア正教に改宗したエカテリーナ大帝は、クーデターで自分の夫を追放しました。カトリーヌの信仰心が夫を殺したのだ。その後、エカテリーナ大帝がロシア帝国を統治することになります。彼女は、教育や科学への投資をはじめ、数々の改革を行ったことで現在も知られています。エカテリーナ大帝は、ロシア帝国の発展に大きく貢献しました。エカテリーナ大帝の小さな逸話として、彼女は数多くの愛人や浮気をしていたというものがあります。 

その後、1917年にロシアのツァーダムが終わり、最後に君臨したのはニコライ2世であった。ロシア革命により、最後の君主は1917年に退位を余儀なくされた。ロシアの国会であるドゥーマが成立した後、皇帝の一族は全員処刑され、ロシアの皇帝と王政は血まみれの残酷な結末を迎えました。 

ロシアのツァーリ&ツァーリナになって貴族の称号を買おう 

ロシアの貴族の称号は、土地の所有権に関連して存在しています。私たちから貴族の称号を購入すると、あなたも土地の共有権を取得しますので、これからは称号をつけてもいいことになっています。ロシアのツァーリまたはツァーリナとして世界を移動し、周囲を感動させましょう。これは、紋章、任命書、肩書きのおかげで簡単にできることです。