キャリータイトル " 名誉の掟

貴族といっても、ただ貴族の称号を身につけているわけではありません。あなたの外見が本物であればあるほど、人々はあなたが真の貴公子であると買ってくれる可能性が高くなります。貴族の行動には、名誉の掟が欠かせません。貴族の行動規範は、いわゆる「名誉の掟」とされています。これは、1989年9月2日にポルトガルのポルトで採択されたものです。ヨーロッパ貴族の責任委員会であるC.I.L.A.N.E.がその作成を担当した。すべての貴族は、その行動の中で名誉のコードによって測られなければならない。私たちから高貴な称号を購入する人は、「名誉の掟」の基本的な価値観も知っておくべきです。 

貴族の3つの重要な価値観。 

1.道徳的価値 

精神的な道徳的価値は、太古の昔から貴族の生活を形作ってきました。高貴な振る舞いや異なる伝統への敬意は、すべての貴族の日常生活の一部です。貴族がどのような宗教や文化に属していようと、常に敬意が必要です。さらに、人の尊厳、寛容、人権、社会情勢、名誉、高貴な言葉、義務の確実な遵守などが、高貴な名誉の規範の中心にあります。貴族として登場したい人は、精神的・道徳的な義務を果たし、近代的で賢明な価値観を持っていなければなりません。 

2.社会的価値 

高貴な名誉のコードの一部である社会的価値の範囲は膨大です。貴族の生活は、責任と自由が特徴です。また、貴族は成功を目指します。これからは、語学力を身につけること、精神を維持・強化すること、平凡ではなくプロフェッショナルを目指すことが課題となります。起業家精神、社会的責任、ヨーロッパへの「イエス」という言葉は、昔も今も高貴さの一部である。また、他者の幸福を思いやり、礼儀と家庭的な雰囲気を維持し、環境保護を推進する。天然資源の保護や、正当で適切な国家の誇りも、典型的な高貴な世界観の一部です。このような価値観を持った人は、本物の貴族になる道を歩んでいると言えるでしょう。 

3.家族の価値観 

また、貴族の生活には家族の価値観があります。家族の活動を促進し、家族の絆を強め、家族を社会の中心として考えることを求めるならば、貴人としての役割は十分に果たせるでしょう。同様に、結婚を尊重すること、親に寛容であること、故人を尊重して追悼することは、すべて高貴な名誉の規範の一部です。一族の伝統を守り、一族の中で連帯することで、あなたはこれから本当の貴族の一員になることができるのです。